Hooters

ディズニーシーのブログの途中だけど、
名古屋にあるフーターズにも行ってきました。
東京旅行からの帰りの新幹線でChristianが名古屋にフーターズがあるらしいから行ってみたいと。

で、楽しそうなので行ってみました。

Hooters

フードメニュー。

フードメニュー

↓Christianはこのフィリーチーズステーキサンドを頼みました。あとビール数杯。

フード3

私はチリソースのチキン。辛さが選べ、辛いのを選ぼうとしましたがお姉さんに止められました。
ほんとに辛いらしい。
少し弱めの辛さのものにしましたがそれでも辛かったです。
止めてくれてよかった。

フード2

と、↓これはポテトにチーズとベーコンをかけたもの。
これ、すごく美味しかったけど、お腹がいっぱいで私はあまり食べられなかった。

フード1

お店ではChristianとダーツで対決。
9回やったのかな?私が勝ちました!

ダーツ

お店ではお姉さんと写真撮影もOKです。
Christianも一緒に撮ったのですが、なんか、普段私と写真撮る時とは違う1.5倍増しの笑顔で写ってた気がします。
スポンサーサイト

Tokyo Disney Sea

ディズニーシーに行ってきました♪

もうめっちゃ楽しかった!
ディズニーランドは何回か行ったことがあったんだけどディズニーシーははじめて。
ほんとディズニーランドやディズニーシーは楽しい〜!

今、私は膝が痛くて、歩くのが嫌だったんだけど、行ってみたら楽しくて楽しくて結局閉園までいました。

ディズニーランドに最後に行ったのは随分前で、今回行ったらすごく変わってた。
ホテルとディズニーランドとディズニーシーをつなぐ電車があるんですね。知らなかった。

その電車↓窓がミッキー♪もうここから可愛くて興奮状態。

電車の窓

吊革もミッキー。車両によって黄色だったり赤だったり色が違うの。

電車の吊革

入り口を入ったところの景色がすごかった〜。広いね。
で、ディズニーシーって新しくできたってイメージがあったんだけど、15周年だった・・・。マジですか。

入り口からの景色

一番初めはタワーオブテラー。
私が行った時期は年に1度しかないっていうLevel13っていうタワーオブテラーのエレベーターがいつもより多く動く時期。

タワーオブテラー

やっぱりすごい人。

タワーオブテラー中3

タワーオブテラー中2

エレベーターに乗って、落ちたり急上昇したり、最上階からディズニーの景色が一瞬見えたり。
一番楽しかった。
何度でも乗りたい。もしかしたら年間パスポート買っちゃうかも・・・。
東京に住むし・・・。

タワーオブテラー中

↓はお昼ごはん。
どこだったかな?なんか多分インディージョーンズの近くのレストランで食べた。
これはChristianのシェフのおすすめセットとソーセージとチョリソー。とビール。

お昼ごはん2

↓これは私のチキングリルだったかな。とあったかい紅茶。

お昼ごはん1

美味しかったんだけど、Christianのトレーに乗ってるサラダは私のだったのに知らなくて、Christianに食べられちゃった。
あと、チョコケーキは多分間違いだったみたい。他の人はプリンが付いてた。Christianはチョコケーキのほうが良いのでラッキーでした。

美味しかったです!

次はセンターオブジアースのファストパスを取って、インディージョーンズに行きます!

Tokyo Skytree

浅草で飴細工の体験をした後、東京スカイツリーに行きました。

↓これは飴細工体験のアメシンさんの近くから見たスカイツリー。
結構良い写真だと思うんだけど、曇ってて残念。

ちょうどこの公園の近くでタクシーが来たのでつかまえて、スカイツリーに向かいました。

スカイツリー浅草から

↑スカイツリーの下から。おっきい!

スカイツリー近くから

上から見た景色。ほんとたくさんのビル群です。

景色

一部ガラスの床になってる部分があって、乗ってきました。
怖くはないけど、なんだかひゅんひゅんします。

ガラスの床

行きは夏のエレベーター。
帰りは↓冬のエレベーターで帰ってきました。

冬のエレベーター

夏のエレベーターの写真ないけど、電気の花火があがってて、綺麗でした。

AMESHIN〜Candy Sculpting〜

東京に旅行に行っていました。
印象としては旅行と言うよりも今後二人が暮らすことになる新しい住居探しがメインになってしまっていたような気もしますが、観光は観光で楽しかったです。

最初に行ったのは浅草にある飴細工体験。

アメシンさんです。

お店外観

一人3000円で自分で飴細工を作ることができます。
体験時間は約1時間半ぐらいだったかな?練習2回、本番1回です。

体験教室に予約した人みんなが揃ったら始めます。

みんなで作ります

作るのはうさぎ♪

見本うさぎ

これは見本です。

見本

まず、飴を温めて柔らかくします。
最初の頃は結構熱いです。でも、すぐ固まってくるので急いで作らなければなりません。

飴を温める

飴細工は手とハサミだけで作ります。
最初職人さんが作り方を丁寧に教えてくれますが、ちゃんと説明書きもあります。(でも見ている暇はない(笑)固まってくるから)

作り方説明

最初Christianが作りました。
一生懸命やったのはわかるけど、これはベイブ!うさぎより豚に近い。

最初のクリスチャンの豚

ベイブ

うさぎっぽく作るにはとにかく耳を大胆に大きくすることが大切なようです。

練習2

私もChristianも練習を重ねて・・・

練習1

練習2人分

練習12

練習2

本番です。
本番は本当に食べられる新品の飴で作ります。新品の飴は透明で、それを捏ねると空気が入って白くなるそうです。
透明のままの飴細工を作りたい場合は捏ねない。

↓私が本番で作ったうさぎです。
まぁ、失敗かな(笑)

私のうさぎ色つけ前

ここに食紅で顔などを書きます。

色つけ

出来上がり!

私のうさぎ

顔を書くとなんとかうさぎに見えるかも。

私のうさぎ横から

↓Christianのうさぎは左の太ったうさぎです。牙を書いてヴァンパイアうさぎにしていました。

私達の出来上がりのうさぎ

最終的には、これを箱に入れてもらって乾燥剤を入れて完成です。
暖かい場所には置かないほうが良いとの事。表面が溶けてくるそうです。夏場は冷蔵庫などに。
食べてしまう場合は、約1年が賞味期限だそうです。

アメシンでは飴も売っています。

飴売り場

↓これはここでは売っていないけど、職人さんが作った飴細工。
たくさんお店に飾ってあります。

魚飴細工

おたまじゃくし飴細工

金魚飴細工

東京スカイツリーのところにあるソラマチでは色々飴細工を売っているようです。