スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Double Entendres‏

Christianの書いたブログです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この間、このブログを読んでる日本人の友達と話しながら、その人はわざとじゃなくて「Double Entendre」の冗談をした。私は説明をしてみたけど上手にできなかったのでまたしてみたいんです。

Double Entendreっていうのはただ「二つの意味」の事だ。Double Entendreは主に冗談で使うけど、悪い言葉を言わないように悪い言葉と同じ意味のDouble Entendreを使える。残念だけど、よく楽しむため多分とても上手の英語が必要と思う。
最初にちょっと冗談を考えよう。

例文1:I hate alcohol. I can’t stand drinking
意味1:お酒が嫌い。お酒を飲むのを我慢できない。
意味2:お酒が嫌い。立ちながら飲めない。

この冗談のスタイルで、例文1で二つの意味に解釈できる。意味1は一番自然な普通な意味だ。もし冗談じゃなかったら、絶対に意味1が正しい解釈だけど、Double Entendreのために、聞きながら同時に二つの意味がわからなければならない。

例文2で、それとなく意味1が違う事を説明する。

例文2:I keep falling down.
意味:よく転んでいる。(よく転んでいるから立てない。)

idiomとかでも使える。

You can't kick the can this time - it's full, you'll hurt your foot.
(kick the can = 問題をちゃんと直さなくて、臨時に遅らす)
例文1意味1:今回問題を遅らせない。
例文1意味2:今回缶を蹴れない。
例文2:缶がいっぱいだから足を怪我するよ。

それは多分一番簡単と分かりやすいDouble Entendreの使い方だ。この例文で、いつも一人だけが話してるけど、もっと人気は二人以上で両方の意味を使って話してること。偶然にこの二つ意味の文を作るのが多いから、二人での冗談は二番目の人はわざと間違ってる。例えば:

A: I piloted a plane for the first time yesterday, I was so high!
意味1:昨日初めて飛行機を操縦した、とても高かった!
意味2:昨日初めて飛行機を操縦した、薬物からとてもハイだった!
B: Is it safe to take drugs while piloting?
意味:操縦しながら薬物を飲むは安全なの?

このとおりに、意味2はいやらしい話題なら、二番目の人は、「That's what she said」ってよくいう。もし、偶然に「Double
Entendre」を言ったら、気にしないで。下手な英語からじゃなくて、英語ネイティブもよく偶然にする。面白いから笑うだけだから大丈夫だ。

二人の話で大体に、意味1は悪くない意味で言ってるけど、意味2はわざと悪い意味で言ってる。大体に冗談では、意味2はいやらしい意味と、内緒話で使う。意味2はいやらしい話題は子供が分からないから子供のための番組でもこの冗談のスタイルを使える。このブログで、多分そういう冗談を読みたくない人がいると思うので次の例文は冗談じゃなくて、内緒で話せるためのDouble Entendreだ。

(Brown Bagは「持ち帰りお昼ご飯」と「賄賂」の意味がある)
A: Did you bring your brown bag?
意味1:持ち帰りお昼ご飯を持ってる?
意味2:賄賂を持ってる?
B: I did, but they're getting really expensive.
意味1:はい、でも持ち帰りお昼ご飯はかなり高くなってる。
意味2:はい、でもこの賄賂はかなり高くなってる。
A: I know, suppliers keep raising the price of the ingredients.
意味1:そう、サンドイッチの材料の会社はいつも材料の値段を上げてるね。
意味2:そう、この違反な事をするために、渡す賄賂も値段が上がってる。
B: Well, they're going to have to do something because at this rate I'll
have to make my own.
意味1:まあ、もし何も変わらずに値段を上げ続けたら私は自分のお昼ご飯を作るのは必要になる。
意味2:まあ、もし何も変わらずに値段を上げ続けたら私はAを賄賂を送らない仕方をしなければならない。

とこんな感じでサンドイッチの会社の話をしているふりをして賄賂の話ができる。

それでもっとちゃんと説明できたからよかった。もしまだ質問があったら、どうぞコメントで聞いてください。

いやらしい冗談でも平気という人がいれば、このYoutubeを見て:

聞こえなかったら、ここに書いてる:
http://gothamist.com/2003/12/07/transcript_paris_hilton_on_saturday_night.php
私にはとても面白い話だ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブリスベン情報へ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト

Studying English: The Perspective of a Native Speaker

今日のブログはChristianです。



先に裕子はブログで、発音とスペルを改善しなければならないって書いた。私は英語の先生で勤めたら、具体的な改善点を教えた。この記事で、もうちょっと一般的なアドバイスをあげたい。

外国語を勉強してたら、外国の文化も勉強しなければならないでしょう。日本人の文化で、よく「完璧にするしか無理」の感じがある。それは別に悪くないけど、英語で話す国で、大体に失敗より、試さないの方が悪い。失敗した人はよく頑張ったと言えるけど、試さない人は腰抜けだ。だから、英語で絶対に言えないと思っても試してみて!

UQ

「この写真は何?」と思ってるでしょう。これは私の大学の授業。皆の顔を見て。その人の間に、何人は英語ネティブと思う?英語ネティブは、英語勉強してる人の言い方をよく慣れてる。英語の発音は難しい事を知ってる。英語は、いっぱい違う国と発音の仕方があるから、これが正しいという発音はない。だから、完璧に発音するのは無駄。英語ネティブはあなたの発音を分かったらそれ以降の改善は意味がない。

スペルでは、ちょっと違う。スペルでは、間違いは怠け者と失礼な感じがある。「皆はもっともっとスペルを勉強して」の意味ではなくて、スペルチェックを使って!英語ネイティブは、いつでも英語を入力したら、パソコンか携帯は間違いを見せる。英語のネティブは使うから気にしないで使って!

勿論質問があったら私は答える。


にほんブログ村 海外生活ブログ ブリスベン情報へ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

The Japanese that Japanese don’t know

Christian's postです。

日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語1


私は最近同題名のドラマを見た。かなり面白かった。物語は、高校の先生になりたい女性について。女性は外国人に日本語を教える事になってるけど、思ったよりかなり難しいだ。

スタイルはバカらしいコメディーのに、毎エピソードにちょっと不思議か面白い日本語の事を教えられてる。

学生は皆が外国人から、私がそのキャラの感じをよくわかる。外国人キャラはこの番組でよく日本の文化を知らないで勘違いをするけど、 私は、それみたい間違った事がある、や、どうやってその間違うのはよくわかる。

私は英語の教師した事もあるから女性の感じも分かってる。生徒は当たり前の事を知らずに難しい事をよく知ってるとかは、私も経験がある。

また、本当に時々に説明してみてたらがぶがぶと女性はよく似てると思う。

下のリンクでYoutubeで全部見れるよ。

日本人の知らない日本語


にほんブログ村 海外生活ブログ ブリスベン情報へ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ


Practical advice for traveling in Australia without a tour, from an Australian.

今日のブログはChristianが書きました。(英語も日本語も。)
共同ブログの始まりです~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オーストラリア人から実際的なオーストラリアのツアー無しで旅行のアドバイス。

Practical advice for traveling in Australia without a tour, from an Australian.

Why travel without a tour? 何故ツアー無しで?

ツアーと一緒に行ったら、色々な事を考えなくていいでしょう。泊まるホテル、見る場所などもう全部決められたんだ。それように安心に旅行できるけど、何時も外から中に見てるの感じがあるんだね。映画を見てるみたいな旅行。本当のオーストラリアに参加する為に自分でしたら一番いいと思う。

When you're with a tour, you don't have to consider many things. Where you stay, what you see and so on are all already decided. You can feel relieved traveling like that, but you always feel like you're on the outside looking in. Like you're watching a movie. I think it's best to participate in the real Australia by doing it yourself.

About English 英語では

C5

もしあなたは日本人なら、「英語で話せない」と思ってるんだ。それは自然法則みたいんだ。旅行する為に、英語で物理学を討論を出来るのがいらないよ。簡単なよく間違ってる英語でもいいよ。オーストラリアに、二つの諺があって、その都合で使える。「Give it a go」っては、「頑張って、してみて!」と、「She'll be right」っては、「気にしなくて、よくなる。」だ。

If you're Japanese, you think “I can't speak English”. It's like a law of nature. You don't have to be able to debate physics in English to be able to travel. Simple English with many mistakes is fine. In Australia, there are two proverbs that apply to this situation. “Give it a go”, which means “Try it!” and “She'll be right” which means “Don't worry, it will be fine”.

General Advice 全般のアドバイス

C2

最高楽しむ為に、バックパッカーホステルで泊まる事をおすすめする。バックパッカーホステルは全然贅沢じゃないけど、一番面白い人はバックパッカーホステルに泊まる。狭いから、面白い人と会ったり話したりチャンスだ。バックパッカーホステルのスタッフはたっぷり英語が下手な人を扱う経験もある。

For the most enjoyable time, I recommend staying in a backpacker hostel. They aren't luxurious, but the most interesting people stay at backpacker hostels. They're cramped, so you get to meet and talk with interesting people. The staff also have lots of experience dealing with people with poor English skills.

C3

大きい市で、公設交通が使えるほど。日本に比べて、オーストラリアのがいいって言えないけど使えるほど。5 分間遅いのが普通から遅いなら心配しないで。使いやすくなる為に、IC カードをおすすめする。ブリスベンでGo-Card だけど、シドニーとメルボルンは別のカードがある。州都以外に、公設交通が無理だ。欲しかったら、日本の運転免許と英語の翻訳でオーストラリアで車を借りて運転できる。それはいい経験と思うけど、二つの事を気をつけて。オーストラリアに円形交差点が多いからルールを分からなければならないし、バックパッカーホステルの近くに駐車がない可能性がある。オーストラリアでマニュアルシフト車は人気があるから、そんな車を運転出来なかったら、オートマチックシフトを選んで忘れないで。

In big cities, the public transportation is usable. Compared to Japan, I can't say it's good, but it's usable.

Being 5 minutes late is normal, so don't worry when it's late. For ease of use, I recommend getting an IC card. In Brisbane, that's the Go-Card, but Sydney and Melbourne have other cards. Outside capital cities, public transport is useless. If you'd like, you can rent a car and drive with a Japanese driver's license and English translation. I think that's a good experience, but be careful of two things. Australia has lots of roundabouts, so you have to know the rules, and there may not be parking close to backpacker hostels. Manual transmissions are common in Australia, so if you can't drive one, don't forget to select an auto.

Food 食べ物

C1

オーストラリアはそんなに有名な食べ物がないけど、美味しい食べ物ある。皆はティムタム知ってるでしょう。それ意外、オーストラリアで、お肉は安いから肉の山ほどを安くに食べられる。もちろんステーキが美味しいけど、カンガルー肉も美味しい。レストランでそんなに人気がないけど何処でもスーパーで買える。多分皆はベジマイトを知ってるけど、旅行の人はよく食べ方を間違うんだ。ベジマイトはとても強い味があるからトーストの上に薄くに塗って。もしベジマイトの下にトーストを見えなかったら厚すぎだ。そのベジマイトトーストの上にチーズを載せて、溶ける為にチンするのも人気がある。もし始めて食べてたら、チーズの仕方をおすすめ。

Australia doesn't have many famous foods, but it has delicious ones. Everyone knows Timtams, right? Apart from that, meat is very cheap so you can eat a mountain of meat cheaply. Of course, steak is delicious, but kangaroo meat is delicious too. It's not very popular at restaurants, but you can buy it at any supermarket. Maybe everyone knows vegemite, but travelers often eat it incorrectly. Vegemite has a very strong flavour, so spread it thinly on toast. If you can't see the toast underneath, it's too thick. Putting cheese on top and microwaving it so it melts is also popular. If it's your first time eating vegemite, I recommend the cheese way.

ラミングトンも知ってる?チョッコとココナツのビスケットみたいなケーキだ。ダンパーは昔のオーストラリアのパンの作り方。外が硬くて、中身が柔らかいんだ。

Do you know about Lamingtons? They're chocolate and coconut biscuit-like cakes. Damper is an old

Australian way of making bread. The outside is hard, and the inside is soft.

Stay safe 安全にして

C4

オーストラリアは大体に安全な場所けど、日本と比べたら、危ない事が違う。オーストラリアはとても大きいから、田舎でハイキングで道に迷ってるか車がダメになってるが危ない。一番近くのガススタンドに距離が100 キロ以上なら、ガスを使い切るのが大変じゃなくて、マジで危ない。州都以外に携帯電話を使える場所も少ない。オーストラリアの田舎も危ない動物がいるから気をつけて。

Australia is generally a safe country, but compared to Japan, the dangers are different. Australia is a very large country, so getting lost while hiking or having a car break down are dangerous. When the nearest petrol station is more than 100 kms away, running out of petrol is not just annoying, it's dangerous. Outside of the captials, mobile phone coverage is also limited. Australia's outback also has dangerous animals.

もし田舎に行くつもりがあったら、安全にするように、友達に予定を教えて、毎日に連絡して。もし連絡がなかったら、友達はその場所のオーストラリアの警察に連絡したらいい。

If you plan to go to the outback, to do it safely, tell a friend your plans, and contact them every day. If

you don't contact them, they should contact the Australian police in that area.

質問があったら、どうぞコメントで聞いて。

If you have a question, you're welcome to ask in a comment.


にほんブログ村 海外生活ブログ ブリスベン情報へ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。